手元供養とは  ~大切な人を身近に感じていたい~

故人の骨を供養の対象としたものです。

自宅供養(じたくくよう)とも言います。

一般的な葬送の方法である寺院への納骨の代わりに、或いは納骨を行ったうえにさらに、遺骨を自宅等で保管し、慰霊の場を身近に置いて故人を偲びます。

 

手元供養品一例

(納骨オブジェ・納骨ペンダント・納骨ブレスレット・ミニ骨壺・フォトスタンド等)

アクセサリーやミニ骨壷等を

取り揃えております。


 京都・清水焼の納骨写真オブジェ「追憶」写真・文字焼き付け

 

納骨写真オブジェ 追憶 【1人用】

 

お骨を入れる納骨袋(正絹製)、ミニ骨壷(真鍮製)、そして写真と文字を焼付した本体、下の敷物がセット内容となります。手元供養に必要なものが揃っています。

 

  博國屋


※手元供養品のみお求めの場合は、別途粉骨料5,000円(税別)を頂戴いたします。